橋本聖子プロフィール

1964(昭和39年)
10月5日北海道勇払郡早来町生まれ
1983(昭和58年)
駒沢大学付属苫小牧高校 卒業
富士急行株式会社 入社
1984(昭和59年)
冬季オリンピック サラエボ大会出場(スピードスケート)
1988(昭和63年)
冬季オリンピック カルガリー大会出場(スピードスケート)
夏季オリンピック ソウル大会出場(自転車競技)
1990(平成2年)
世界選手権 総合銀メダル(スピードスケート)日本人初
1992(平成4年)
冬季オリンピック アルベールビル大会出場(スピードスケート)、1500m銅メダル獲得(日本人女子初)
夏季オリンピック バルセロナ大会出場(自転車競技)
1994(平成6年)
冬季オリンピック リレハンメル大会出場(スピードスケート)、3000m6位入賞
プロ自転車競技選手として活動開始
1995(平成7年)
7月 参議院議員自由民主党比例区代表に当選
1996(平成8年)
夏季オリンピック アトランタ大会出場(自転車競技)
2000(平成12年)
7月 北海道開発総括政務次官
2001(平成13年)
7月 参議院議員自由民主党比例代表区に当選(2期目)
8月 参議院文教科学委員長
2003(平成15年)
9月 自由民主党副幹事長
2003(平成15年)
11月 自由民主党北海道支部連合会長
2005(平成17年)
11月 自由民主党女性局長
2007(平成19年)
7月 参議院議員自由民主党比例代表区に当選(3期目)
2008(平成20年)
9月 外務副大臣 就任
2009(平成21年)
9月 外務副大臣 退任
2010(平成22年)
9月 自由民主党シャドウ・キャビネット
   少子化対策・スポーツ・男女共同参画担当大臣 就任
2011(平成23年)
10月 自由民主党シャドウキャビネット
   少子化対策・スポーツ・男女共同参画担当大臣 退任
2012(平成24年)
12月 参議院自由民主党政策審議会長就任
2013(平成25年)
7月 参議院議員自由民主党比例代表区に当選(4期目)

北海道民栄誉賞(昭和60年)  エイボン女性スポーツ賞   (昭和61年)

山梨県民栄誉賞(昭和63年)  北海道新聞スポーツ賞    (昭和63年)

朝日体育賞  (昭和64年)  日本ユネスコ・フェアプレー賞(平成元年)

文部大臣賞  (平成6年)

オリンピック出場7回は女子として世界最多記録

現職

参議院自由民主党議員会長

参議院文教科学委員会 委員

参議院沖縄及び北方問題に関する特別委員会 委員

参議院懲罰委員会 委員

参議院政治倫理審査会 委員

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 理事

公益財団法人日本オリンピック委員会 副会長 

公益財団法人日本スケート連盟 会長

公益財団法人日本自転車競技連盟 会長

公益財団法人日本ハンドボール協会 副会長(特任)

公益社団法人日本ホッケー協会 副会長

公益社団法人日本ライフル射撃協会 副会長

公益財団法人全日本柔道連盟 理事

公益財団法人全日本スキー連盟 理事

日本知的障害者陸上競技連盟 会長

一般社団法人日本トップリーグ連携機構 代表理事副会長  

ページトップへ戻る